單手vs.雙手,高爾夫手套究竟該怎麼戴?

片手と両手、ゴルフグローブの着用方法は?

手に装着する: 感度とグリップ力

ゴルフでは、ほとんどのゴルファーはクラブの手だけにグローブを着用しますが、通常、クラブ以外の手にグローブは使用されません。これは、クラブの手はより多くのグリップと滑り止めサポートを必要とするのに対し、クラブ以外の手の主な機能はバランスを制御し、クラブのグリップを維持することを支援することであるためです。一般的に、ゴルフグローブは利き手と反対の手(クラブを持たない手)に着用します。クラブハンドは通常、利き手です。つまり、右利きの場合は右手、左利きの場合は左手です。

  • 右利き(右利き)の場合:左手でグローブを着用してください。
  • クラブを左利き(左利き)で持つ場合:グローブを右手にはめます。

グリップハンドに手袋を着用する目的は、追加のグリップと滑り止めサポートを提供することです。この手はグリップと直接接触しており、リードハンドは下側の手よりもハンドル上にあり、マメができやすくなっているためです。そしてスイング中の滑り。手袋を着用すると、これらの問題を防ぐことができ、また緊張を軽減して手を自由にすることができます。下の手は上の手の上に多く置かれるため、良好なグリップを維持するために手袋は必要ありません。

グリップを持たない方の手 (下の手) は、グリップの感触をより敏感にするために手袋をはめないことが多く、これによりグリップの力と方向をより適切に制御できるようになります。

両手に着用してください:保護と一貫性

ゴルファーの中には、「ダブルグローブ」として知られる、2 つのグローブを着用することを選択する人もいます。手袋を 2 枚着用することには次のような利点があります。

  • 追加のグリップと滑り止めサポート:両手に手袋を着用すると、握る手と握らない手の両方に追加のグリップと滑り止めサポートが提供されます。これにより、一部のゴルファーはグリップコントロールを向上させることができます。
  • 一貫した感触: 2 つの手袋を着用すると、より一貫した感触が得られ、両手でのグリップの感触がより似てきます。これにより、一貫したグリップ圧力とグリップスタイルを維持することができます。
  • 天候と保護: 悪天候の場合は、手袋を 2 枚着用すると、手の感触に影響を与える雨や寒さからさらに保護できます。

両手にグローブを着用することを好むゴルファーもいますが、この習慣は普遍的ではありません。ほとんどのプロとアマチュアは依然としてクラブの手だけにグローブを着用することを選択しています。グローブを 2 枚着用すると、クラブの感触や感度に影響を与える可能性があるため、このアプローチは、より快適でグリップの安定性が向上すると感じるゴルファーに最適です。

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

関連製品

  • 如何正確保養手套?

    手袋の正しいお手入れ方法は?

    ChangWilson

    グローブの耐用年数を延ばすだけでなく、あらゆる試合で最適なパフォーマンスを確保するには、グローブを正しくメンテナンスすることも重要です。この記事では、グローブを適切にケアする方法を詳しく説明し、グローブを最高の状態に保ち、コート上で欠かせない右腕になるための実践的なヒントとコツを紹介します。

    手袋の正しいお手入れ方法は?

    ChangWilson

    グローブの耐用年数を延ばすだけでなく、あらゆる試合で最適なパフォーマンスを確保するには、グローブを正しくメンテナンスすることも重要です。この記事では、グローブを適切にケアする方法を詳しく説明し、グローブを最高の状態に保ち、コート上で欠かせない右腕になるための実践的なヒントとコツを紹介します。

  • 雨中極致握持!擁抱惡劣天氣的手套指南

    雨天時の究極のグリップ力!さまざまな環境に対応するグローブのガイド

    ChangWilson

    雨が降ると、クラブを握るのはさらに困難になります。しかし、適切なグローブの選択と使用テクニックにより、ゴルファーは雨の中でも究極のグリップを維持し、悪天候の困難を克服することができます。この記事では、風雨の中でも究極のグリップ力を維持し、予測不可能な天候に挑戦し、コースで良いパフォーマンスを発揮できるように、雨天時のゴルフグローブの選択と使用について詳しく説明します。一緒に悪天候を乗り越え、究極のグリップを活用して、雨の中でも勇敢なゴルファーになりましょう。

    雨天時の究極のグリップ力!さまざまな環境に対応するグローブのガイド

    ChangWilson

    雨が降ると、クラブを握るのはさらに困難になります。しかし、適切なグローブの選択と使用テクニックにより、ゴルファーは雨の中でも究極のグリップを維持し、悪天候の困難を克服することができます。この記事では、風雨の中でも究極のグリップ力を維持し、予測不可能な天候に挑戦し、コースで良いパフォーマンスを発揮できるように、雨天時のゴルフグローブの選択と使用について詳しく説明します。一緒に悪天候を乗り越え、究極のグリップを活用して、雨の中でも勇敢なゴルファーになりましょう。

  • 手套是不是越薄越好?

    手袋は薄い方が良いのでしょうか?

    ChangWilson

    保護力を高めるために厚いグローブを好むプレーヤーもいますが、より細かい感触を求めるために薄いグローブを好むゴルファーもいます。これは、深く検討する価値のある質問につながります。「手袋は薄いほうが良いのか?」この記事では、グローブを選択する際に情報に基づいた決定を下せるよう、グローブの厚さがグリップ、快適さ、フィールドでのパフォーマンスに与える影響について調査します。

    手袋は薄い方が良いのでしょうか?

    ChangWilson

    保護力を高めるために厚いグローブを好むプレーヤーもいますが、より細かい感触を求めるために薄いグローブを好むゴルファーもいます。これは、深く検討する価値のある質問につながります。「手袋は薄いほうが良いのか?」この記事では、グローブを選択する際に情報に基づいた決定を下せるよう、グローブの厚さがグリップ、快適さ、フィールドでのパフォーマンスに与える影響について調査します。

  • 單手vs.雙手,高爾夫手套究竟該怎麼戴?

    片手と両手、ゴルフグローブの着用方法は?

    ChangWilson

    ゴルフコースでは、グローブの着用は常にゴルファーの間で争点の 1 つです。片手につけるのか両手につけるのか、この一見単純な疑問がゴルフ愛好家の琴線に触れます。グローブの着用方法はグリップや打撃技術だけでなく、個人のスタイルも反映します。

    片手と両手、ゴルフグローブの着用方法は?

    ChangWilson

    ゴルフコースでは、グローブの着用は常にゴルファーの間で争点の 1 つです。片手につけるのか両手につけるのか、この一見単純な疑問がゴルフ愛好家の琴線に触れます。グローブの着用方法はグリップや打撃技術だけでなく、個人のスタイルも反映します。

1 4

注目のQ&A

ゴルフをするときに手袋を着用する必要があるのはなぜですか?

ゴルフグローブの起源は、ゴルフの初期の歴史にまで遡ることができます。初期のゴルフグローブは、より良いグリップを提供し、プレーヤーの手を保護するように設計されました。

ゴルフ発祥の地であるスコットランドでは、ゴルファーはクラブのグリップ力を高め、手の摩擦を軽減するシープスキンの手袋を使用することが多いです。これは、さまざまな気象条件でゴルフをプレーする場合に非常に重要です。スコットランドの雨の多い天候では、クラブの安定したグリップを維持することが非常に重要です。

  • 摩擦、コントロール、安定性: ゴルフ クラブのハンドルは金属、ゴム、その他の素材で作られていることが多く、特に湿気の多い天候や暑い天候では比較的滑りやすくなります。手袋を着用すると、グリップが向上し、クラブをよりしっかりと握ることができ、スイングのコントロールと安定性が向上します。
  • 保護 (摩擦の軽減): ゴルフクラブのスイングにより摩擦が発生するため、手袋を着用していないと手に磨耗、水ぶくれ、または擦り傷が生じる可能性があります。手袋を着用すると、手とクラブの間の摩擦が軽減され、皮膚を保護できます。
  • 快適さを提供:手袋を着用すると、一定レベルのクッション性とサポートが提供され、スイング中の手がより快適になります。これにより、ゴルフスイングが手に与える衝撃を軽減し、疲労を軽減します。
  • 汗を防ぐ:暑い天候では、手に汗をかくことがあり、手が滑りやすくなったり、グリップ力が低下したりする可能性があります。ゴルフグローブは吸汗性に優れていることが多く、汗を吸収して手を乾いた状態に保つことができるため、グリップ力が向上します。
  • ファッション:見栄えの良いグローブは、ゴルファーの自信に満ちたスタイルを示します。

つまり、グローブを着用すると、ゴルファーのコントロール、快適さ、保護が向上し、ゴルフのゲームにおいて重要な装備となります。ゴルファーによって、気象条件や個人の好みに合わせて、異なるタイプのグローブを選択する場合があります。

手袋なしでボールをプレーできますか?

A: はい。

手袋を着用するかどうかは個人的な選択であり、個人の好みと実際の状況に基づいて決定できます。

ゴルファーの中には、素手でのクラブの感触の方が好みだったり、手袋をすると感触が損なわれると考えたりするため、手袋を着用しないことを選択する人もいます。乾燥した穏やかな気象条件では、手袋を着用したくないゴルファーもいるかもしれません。

ただし、濡れた天候や寒い天候の場合、または手に汗をかきやすい場合は、手袋を着用するとグリップ力と保護力が向上します。また、グローブはゴルフスイング中の手の皮膚への摩擦を軽減し、疲労や不快感を軽減します。

ゴルフグローブの素材と種類をご紹介

一般的なゴルフグローブは、その素材に応じていくつかのタイプに分類できます。

最高品質のシープスキン手袋

  • ラムスキンの手袋
  • テクニカルクロスグローブ
  • 合成皮革手袋
  • 伝統的な布製手袋

次の記事では、さまざまな手袋の適した使用シーンと、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

ラムスキン手袋の秘密を探る:高級感、優雅さ、究極の手触り、素材のグレードが明らかに!

素材の王様 テクニカルクロス ゴルフグローブ素材革命

革の戦い: 合成皮革の手袋は本当にラムスキンの代わりになるのでしょうか?

時代を超越したクラシック:伝統的な布製手袋の実用的な魅力

雨天時の究極のグリップ力!さまざまな環境に対応するグローブのガイド

機能別に大きく分けると以下のようになります。

  • 伸縮性のある手袋
  • 雨の日の手袋
  • 調剤用手袋
  • 指なし手袋
  • 通気性のある手袋

その他の特別な仕様については、ここでは詳しく説明しません。

ラムスキン手袋:高級感、優雅さ、究極の感触、素材グレードの秘密を明らかにします。

普段使いのグローブとして羊革グローブを選び始めたということは、最初から上級ゴルファーの仲間入りをしたということであり、動きが慣れてくると、クラブやグローブなどの細部への要求も高くなります。 . あなたのスキルをさらに活用しましょう。市場にはさまざまなブランドやスタイルの羊皮手袋があり、価格も 200 元から 2,000 元以上までありますが、価格差が大きい場合、どうやって選べばよいでしょうか。著者は羊皮の品質に影響を与える要因を大まかに列挙します。

  • バラエティ
  • 起源
  • 部品
  • 後処理技術
  • 裁断・縫製・縫製工程

その中でも、シープスキンの種類、部位、後加工技術は、一般の人々にとって最も識別しやすく、シープスキンの品質に最も大きな影響を与える要素です。

羊革の種類やパーツ、後加工技術によって使用感は大きく異なり、品質の悪い羊革は合成皮革に比べて履き心地が劣る場合があり、当然コストや価格も大きく異なります!

バラエティ

  • カブレッタ: シープスキングローブ用として最もよく知られている最高級のシープスキンは、カブレッタ羊から採取されます。カブレッタという名前は、実際にはスペイン語とポルトガル語でヤギ(ヤギ)を意味する言葉に由来しています。カブレッタ羊は主に南アフリカに生息する小さなヤギです。この羊の革は非常に薄くて柔らかいため、柔軟性と快適性が求められる革製品、特に手袋を作るのに最適です。現在、世界のトップゴルフグローブブランドのトップスタイルや高級ブランドが発売するグローブも、ほとんどがカブレッタシープスキン(羊革)を素材として使用しています。
  • その他の羊の品種: 一般的に、品種の観点から言えば、手袋ブランドがカブレッタ以外の羊革を使用する場合、品種は特定されません。消費者にとって、この種の革の品質の違いは主に選択された部位とポストに起因します。加工技術。

起源

カブレッタヤギは主に南アフリカ、アイルランド、オーストラリアなどに分布しており、これらの地域がカブレッタレザーの主産地となっています。ヤギの品種、食事、その他の環境要因により、地域ごとにカブレッタ レザーの特徴や品質が若干異なる場合があります。中国、インド、バングラデシュ、パキスタンなどの他の羊皮生産地域でも、ヤギや羊の養殖産業が盛んで、これらの国でも高品質の羊皮が生産されていますが、低価格で安価な羊皮も大量に生産されています。通常、大量生産で使用される安価な革製品。これらの地域の低価格のシープスキンは通常、価格が安く、高級革ほど品質が良くありません。

  • 南アフリカ:南アフリカはカブレッタレザーの主要生産地の一つです。この国の乾燥した気候と広大な牧草地は、ラムスキンの生産に理想的な場所です。
  • アイルランド:アイルランドはカブレッタ レザーの主要生産国の 1 つであり、子羊の飼育に適した豊かな草原と気候で知られています。アイルランド産のラムスキンは一般的に優れた質感と品質を持っています。
  • オーストラリア:オーストラリアの羊皮産業も高品質の羊皮を生産しています。オーストラリア産のラムスキンは、その柔らかさと耐久性で有名です。
  • ニュージーランド:ニュージーランドはシープスキンの主要生産国でもあり、特にメリノレザーで有名です。これらの革は、高級衣料品やその他の高級革製品に使用されています。
  • 中国:中国は世界最大の羊皮生産国の一つです。中国の羊皮は、履物、衣類、ハンドバッグ、家庭用品など、さまざまな革製品の製造に使用されます。
  • インド:インドは、靴、手袋、衣類などのさまざまな革製品の製造に使用されるシープスキンの重要な供給源でもあります。
  • アルゼンチン:アルゼンチンは南米最大の羊皮生産国の一つで、特にコルデバ地方の高品質な羊皮で有名です。
  • トルコ: トルコでは、履物、衣類、その他の革製品の製造に使用されるさまざまな種類の羊皮が生産されています。

パーツ&カット

  • フルグレインレザー:最高級。革の最外層はシープスキンの自然な質感と毛穴を保持しており、それぞれの革がユニークです。柔らかさ、耐久性、感触に優れています。
  • トップグレインレザー: 加工され研磨されたフルグレインレザー。フルグレインレザーよりも滑らかで、見た目が均一で、柔らかくて手触りが良く、フルグレインレザーよりも薄く、壊れやすいです。当社が長年販売してきたPGAツアーラムスキングローブの素材はフルグレインレザーです。
  • スプリットレザー: 羊皮の最下層または中間層から作られ、高級手袋ではこの革は手袋として使用されません。フルグレインレザー/最上層の革と比較すると、品質が低く、耐摩耗性が低く、耐久性も劣ります。耐久性のある。

後処理技術

優れた後処理と高品質のシープスキンを組み合わせると、多くの場合、2 よりも 1 プラス 1 の効果が得られます。また、劣悪なシープスキンも、適切な後処理を施した後、一部の欠陥を修正して、より柔らかく、耐久性があり、快適な結果を得ることができます。現在市場に出回っている主要なシープスキン後処理方法は次のとおりです。

  • ベンチカット:高級皮革の標準的なカッティング技術。ベンチカットは、羊皮をさまざまな製品に使用するのに適した厚さにカットするために使用されます。一般的な切断と比較して以下のようなメリットがあります。
    • 外観: 滑らかで、均一な厚さ、完璧な/ 厚みも異なり、凹凸もございます。
    • タッチ: 柔らかくて快適/ザラザラした手触り
    • ナチュラル: シープスキンの質感と色を保持/シープスキンの自然な質感を破壊します。
  • 無方向性表面処理:まず、シープスキンを洗浄し、汚れ、油、その他の不純物を除去するために前処理を行います。次に、シープスキンの表面に物理的な処理方法が適用されます。質感が均一であるだけでなく、表面全体が望ましい特性に適合するように機械加工および成形されます。
    • 質感:人工的な痕跡を導入することなく、シープスキンの元の質感と特性を保持し、シープスキンをより自然でオリジナルにします。
    • 柔らかくする:羊皮の構造を損傷せず、羊皮の柔らかさを維持します。
    • 耐久性:シープスキンの最外層の自然な毛穴や凹凸を取り除き、摩耗や損傷に対する耐性を高めます。
  • グラファイトマイクロギャップ処理:革の表面を、グラファイトマイクロギャップ剤を含む液体(通常は水系または有機溶剤)にコーティングまたは浸漬します。この液体には小さな黒鉛粒子または黒鉛化合物が含まれています。グラファイトマイクロギャップ剤の微細なグラファイト粒子や微細構造が皮革の繊維構造に浸透します。グラファイトマイクロギャップ処理は皮革に次の利点をもたらします。
    • タイト:グラファイトの微細構造がレザーの小さな孔を埋め、レザーをよりタイトにします。
    • 軟化:革の硬さを下げ、柔らかさと柔軟性を高めます。微細構造の浸透により繊維間の摩擦が軽減され、革がより柔らかくなるからです。
    • 耐久性:グラファイトマイクロポア処理がレザーの小さな孔を埋めるため、レザーの耐久性が向上し、摩耗や破れに対する耐性が向上します。
    • 質感: グラファイトマイクロギャップ処理は革の構造を損傷せず、外観に不必要な変化をもたらすことなく革の自然な質感と色を十分に保持できます。
    • 環境に優しい:使用される化学薬品の量は少量の黒鉛であり、有害物質は導入されません。 

裁断、縫製、縫製技術

  • 厚すぎるとカブレッタシープスキンを使用する意味が失われます。いくら革の素材が良くても、クラブの感触は感じられないからです。
  • 手の形状:東洋人の手の形状に合わせて手袋をカットしないと、手袋の快適性も低下します。
    • アジア/ヨーロッパ、アメリカ
    • 手のひらの長さ: 短い/長い
    • 指の長さ: 短い/長い
    • 手のひら幅:広め/狭い
もちろん、アジア人のすべてが上記と同じ手の大きさを持っているわけではありませんし、西洋人のすべてが手のひらが長いわけでもありません。
  • ステッチとスプライス: 感触と外観への影響を避けるために、ゴルフグローブのステッチと革のスプライスはほとんどがグローブの内側に隠されています。良いグローブは、着用者が特に指に明らかなステッチの跡を感じないようにする必要があります。およびエリア. 少量のリスク。逆に、雑な縫製や不適切な仕立ては、手袋の着用感に影響を与えるだけでなく、手袋を傷めやすくします。

要約すると、今日のシープスキンの紹介はここで終わります。質問や間違いがあれば、Web ページの右下にあるダイアログ ボックスを通じて議論し、修正することができます。そして、ゴルフ仲間の皆様が自分に合ったグローブを見つけて、日々成績が向上することを心より願っております。

PGA メンズ ラムスキン ゴルフ グローブは、著者の会社による長年の開発と海外メーカーのサポートと努力を経て、市場で最も売れているシープスキン グローブの 1 つであり、現在、このタイプのグローブは数回の繰り返しを経て南アフリカで生産されています。素材と生産技術のこだわり フルグレインレザーのカブレッタシープスキンは、表面無方向性処理と微細グラファイト処理を施し、自然な革の質感を保ちながら、手触りと摩擦強度を向上させています。厚みも適度で、最高品質のシープスキングローブを体験したい友人にもおすすめです。

素材の王様 テクニカルクロス ゴルフグローブ素材革命

テクニカルクロスとは何ですか?

ゴルフグローブの分野におけるテクニカルクロス(ナノクロス)とは、従来防水・撥水性の衣料品に使用されてきたナノクロス(マイクロファブリック)ではなく、マイクロファイバー合成皮革(マイクロファイバーシンセティックレザー)を指すことがほとんどです。この革は軽量で耐久性があり、優れた感触とグリップ力を備えています。マイクロファイバー合成皮革は、極小のナノファイバーを完全な生地(革)に織り込む新しいタイプの生地で、従来の繊維の独特の縦糸と横糸の質感は肉眼ではほとんど確認できません。高度な通気性と防水性のテクノロジーを使用しているため、レザーは従来の布地の通気性の利点も保持しています。

新しいマイクロファイバー合成皮革は現在、日本と韓国を中心にトップレベルの皮革合成技術を持つ数社のみで生産されており、市場に出回ることは非常に稀です。ゴルフグローブの分野でマイクロファイバー合成皮革を使用すると、次のような利点があります。

  • グリップとコントロール:ナノファブリックをグローブの手のひらに使用することで、ゴルフクラブのグリップとコントロールを向上させることができます。このナノマテリアルは摩擦を改善し、ゴルファーがクラブをコントロールしやすくします。
  • 耐久性: ナノファブリックはゴルフグローブの耐久性を高め、摩耗したり破損したりする可能性を低くします。これにより、手袋の寿命が延び、頻繁に交換する必要が減ります。
  • 通気性:ナノファブリックは手袋の通気性を高め、手のひらの汗や不快感を軽減します。これはゴルフコースで手を快適に保つために非常に重要です。

マイクロファイバー合成皮革は、性能の点で従来の布に比べて明らかな利点があり、消費者は最初に着用したときにその違いを感じることができます。現在、日本やアメリカなどゴルフが盛んな国や地域では、マイクロファイバー合成皮革の方が手袋としての性能が高く、また手袋としての機能も優れていることから、ナノクロスを手袋に配合することが新たなトレンドとなっています。より繊細な外観を実現し、グローブの性能をより際立たせる、ゴルファーの好み。

テクニカルクロス VS トラディショナルクロス

従来の生地と比較して、繊維合成皮革の特性は総合的に改善されています。従来の生地では、ゴルフグローブの素材として追求される特性において、複数の要求を同時に満たすことができないことが多くありました。例えば:

パフォーマンス

ナノ布手袋

伝統的な布製手袋

雨の日の手袋

通気性

良い

良い

違い

厚さ

薄い

厚い

厚い

親水性

良い

良い

良い

弾性

良い

良い

違い

触る

良い

違い

違い

コントロール

良い

違い

違い

  • 従来の布製手袋は素材に限界があり、伸縮性が得られず、手のひらにフィットしづらかったです。次に、摩擦を増やして磨耗を防ぐために、生地を薄くすることはできません。
  • 雨の日は水に濡れても滑りにくいですが、フランネルなので厚みがあり、着用すると暑くて蒸れて伸びにくいです。

しかし、新技術のファブリックサポートグローブには、そのような厄介な問題はありません。繊維合成皮革は、厚さ、弾力性、通気性、耐摩擦性などを技術でコントロールすることができ、さまざまな要求性能を満たしながらも、ブレることはありません。言い換えれば、繊維合成皮革と従来の布を比較した場合、従来の布製手袋は単一の性能に関して 1 つまたは 2 つの優れた機能点を持っている可能性がありますが、ナノクロスは総合的な機能で従来の布よりも優れています。

パフォーマンス 繊維合成皮革 伝統的な布
厚さ 厚いか薄いか 厚い
通気性 勝つ
フィット 隙間が少なくフィットします 粗くて多孔質
弾性 マイクロエラスティック(約1.3倍伸び) 伸縮性なし(伸び率約1.1倍)
触る 絶妙な 粗い
耐摩耗性 フラット フラット
耐候性 フラット フラット
水で洗う すべて許容されます すべて許容されます
料金 高い 低い

要約すると、繊維合成皮革の用途は、手袋のデザインと必要な性能特性によって異なります。繊維合成皮革技術をゴルフグローブに導入することで、ゴルファーの打撃パフォーマンスが向上し、快適性と保護性が向上し、ゴルフがより楽しくなります。

現在、ナノクロス技術を応用したPGAツアーゴルフグローブ製品シリーズには主に2製品がございます。彼らです:

最初の ( PGA 韓国版ナノクロスメンズゴルフグローブ (プレーヤーグレード) )グローブには、超大面積のナノクロスが装備されており、感触とコントロールに高い要求を持つプレーヤーに究極の快適さを提供します。コントロール性能に定評のある薄めのグラブです。非常に要求の厳しいプレーヤーも大歓迎ですが、意図的に薄く作られているため、力の入れ方を誤るとグラブが破損しやすくなりますので、不安な方はご遠慮ください。スイングアクションについては、慎重に選択することをお勧めします。

2 番目のタイプ ( PGA メンズ ゴルフ エラスティック クロス アンチスリップ グローブ)は、最初のタイプのグローブを補完し、グローブがより手の形状にフィットできるように伸縮性のある布のデザインを追加しています。同時に、伸縮性のある生地の使用により、手袋の耐故障性が向上し、エントリーレベルとプロレベルの両方の手袋に適しています。

革の戦い: 合成皮革の手袋は本当にラムスキンの代わりになるのでしょうか?

合成皮革製造技術の継続的な革新により、過去 10 年間でラムスキンに代わる合成皮革のトレンドが市場に現れました。しかし、合成皮革グローブを使用した多くのゴルファーが結果を報告しており、その評価は非常に二段階であることがわかります。なぜ合成皮革の手袋が増えているのでしょうか?そして、なぜレビューが二極化しているのでしょうか?合成皮革は本当にラムスキンの手袋の代わりになるのでしょうか?この号では、上記の問題をわかりやすく説明していきます。

合成皮革手袋PUのメリット

ゴルフ用合成皮革グローブの隆盛は、テクノロジーと機能性を兼ね備えた製品と言えます。従来のゴルフグローブは天然皮革を使用するのが一般的でしたが、近年では合成皮革素材の技術進歩により、ゴルフグローブにもより高度なソリューションが求められるようになりました。

ほとんどのゴルフ合成皮革グローブに使用される合成皮革素材は合成ポリウレタン (PU) で、天然皮革の外観と質感を模倣するためにさまざまな厚さと質感があります。これらの合成素材は摩耗や破れに強いです。それでいて価格も安いため、かつては羊皮手袋の代用品として重宝されていました。

合成皮革手袋のレビューが二分されるのはなぜですか?

優れた PU レザーは、実際に本革を模倣したパフォーマンス上の利点を実現できます。しかし、PUの合成は不安定であり、PUなどの合成材料は人工材料であるため、合成配合、製造工程、品質管理、技術などがコストや品質に大きく影響します。保管条件は大きな影響を与えます。

1. 寿命の問題

一般的なPUレザーの寿命は1~5年ですが、粗悪なPUの場合は1年未満の場合もあります。環境に優しい合成素材のほとんどには耐用年数が定められており、耐用年数を過ぎると革は徐々に風化して腐食していきます。消費者は、革がどのくらいの期間、ブランドの倉庫や工場で保管されていたのかを入手前に判断できないことが多いため、合成皮革手袋を選ぶときは、販売量が多く、現地市場での市場シェアが高いブランドを選ぶのが最善です。この種の商品は回転率が高く、劣化しそうな素材を使用した商品を購入するのは容易ではありません。

そのため、古い在庫品を購入する消費者もおり、そのため短期間の使用で手袋の革が風化し始め、革が破れやすくなり、ひどい場合には徐々に革くずが剥がれ落ち始めます。これが合成皮革の評判が悪い主な理由です。

2. 生産技術的な問題

第二に、配合や生産条件の違いによって合成された革は、手触り、硬さ、弾力性、強度にも違いがあります。ゴルフグローブ用に少量使用される合成皮革を除き、主にバッグ製品全般の製造に使用されています。一般的にバッグ製品はゴルフグローブに比べて皮革に対する要求が低いため、最高級合成皮革以外を使用してゴルフグローブを製造すると、期待される良好な結果を得ることが困難になります。

3. まとめ

上記の理由から、多くのシニアゴルファーの心の中で、合成皮革グローブの人気はまだラムスキンに取って代わられていません。このタイプのグローブのタッチを良くするために、メーカーは手のひらがクラブフェースに触れる部分に羊革を貼り合わせて羊革と同等のタッチ感を実現すると同時に、グローブのコストを抑えて消費者に提供することができます。よりお求めやすい価格と高品質を両立した、十分に優れた製品です。これは良い計画ではないかもしれません。

合成皮革手袋の特徴

アドバンテージ

  • 低価格: 合成皮革は一般的に安価であり、より手頃な価格のオプションとなります。
  • お手入れが簡単: 合成皮革の手袋は一般的にお手入れとメンテナンスが簡単で、特別なお手入れはあまり必要ありません。
  • 多様性: 合成皮革には、さまざまなスタイルのニーズに合わせてさまざまな色とデザインのオプションがあります。

欠点がある

  • 感触: 合成皮革の手袋は一般的に、ラムスキンの手袋と同じ感触や感度を提供しません。
  • 通気性: 合成皮革はラムスキンほど通気性が悪く、手が汗ばんだり不快感を感じたりする可能性があります。
  • 質感:合成皮革は耐久性に優れているという利点がありますが、天然皮革の質感や質感には劣る部分もあります。
  • 品質管理:すべてのメーカーが良好な品質基準を満たす合成皮革を生産しているわけではなく、在庫の保管期間などの問題があります。消費者はより慎重に選択する必要があります。

GoPlayer 合成皮革製品

現在、GoPlayer のグローブ シリーズには、部分的に合成皮革を使用した 2 つの製品があります。

どちらの手袋も、手のひら部分に羊革を使用することで使用感を向上させるとともに、指関節部分に伸縮性のある生地を巻き付けることで手のひらへのフィット感を高め、通気性を高めています。

時代を超越したクラシック: 伝統的な布製手袋の実用的な魅力

一般に、マイクロファイバークロス、親水性クロス、レイングローブなどの手袋に使用される生地がこのカテゴリーに分類されます。 従来の布製グローブは、その優れた耐久性により、練習場の打者の間で最も人気のあるタイプのグローブとなっています。高級手袋ほど耐久性が低いという業界の興味深い法則がありますが、やはり高級手袋ほどコントロール性とタッチを追求しており、丈夫な布製手袋に比べて薄く、傷つきやす